concent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセント

 

HelpFromBeauty(東日本大震災支援活動 )岩手、宮城9月22~24日

東北に行こう!ツアーレポート (長文注意)


                            
MOSAIQUE 佐藤 考弘

9月22日から24日まで宮城・岩手に行ってきました。
メンバーはMOSAIQUEのスタッフ6名と
Carreの西山さん、rireの牟田さんの8人です。
今回の目的は「東北を楽しむ!」です。
とは言うものの半分以上のメンバーが東北は初めてです。
東日本大震災をきっかけとして、
東北に興味・関心を持った人は多かったと思いますが、
実際に現地に行けた人は多くはありません。
特に西日本にいる私たちにとっては
日常の生活の中で震災後の東北を
意識出来る機会はほとんど無くなっています。
でも一度でも震災後の東北を五感で
経験すると何かに気づくことが出来ます。

「何か役に立つことをしなきゃ?」
「被災した所に観光なんて行っていいの?」
なんて難しく考える必要はありません。

「観光名所を見に行こう!」
「美味しいものを食べに行こう!」
「被災地はどうなっている?」でいいと思います。

それぞれが沢山のお土産をココロに
持って帰ることの出来た楽しい旅でした。

では、ドタバタツアーレポートのスタートです!

1日目
朝7時40分の飛行機で関西国際空港から仙台空港へ。
9時に仙台空港到着。
レンタカーを借り、いざ日本三景の一つ松島へ。
松島は松尾芭蕉が句に詠んだ程の絶景です。
伊達政宗が建物を完成させた瑞巌寺や五大堂を見学。
震災の名残は少なく、観光地として賑わっていました。

松島の次に訪れたのは石巻市。
震災後すぐのボランティアで訪れた
仮設住宅で知り合った阿部さんご夫婦と共に
昼食をいただきました。
阿部さんご夫婦は震災時に津波の被害にあい、
自宅も浸水したのですが今は2階部分が残った家を
再建されて元の場所に住まれています。
震災時のこと、仮設住宅でのこと、
今の事を話してくれました。
生まれ育った今住んでいるこの場所。
震災前は500世帯以上あったのに
今はたったの7世帯です。
海からは数百メートル。
周りにはポツポツとしか建物はありません。
夜は街灯もなく真っ暗だそうです。
2階に上がると床から20センチ
くらいの壁に線がついています。
そこまで浸水したそうです。
しかし、このご夫婦は明るく元気です。
お土産と元気をいただき石巻を後にしました。

阿部さんご夫婦と別れた後に
訪れたのはサン・ファン館。
以下ホームページより参照
 宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)は、
日本における20世紀最後で最大のガレオン船
「サン・ファン・バウティスタ復元船」を
係留・展示する博物館です。
今から約400年前、石巻市月浦から
出帆した慶長使節の偉業や大航海の様子を
シミュレーションシアターや乗船体験を通して紹介します。
また、当館に隣接する石巻市サン・ファン・バウティスタパークは、
支倉常長らが見たイタリア広場をイメージして作られており、
展望台からは復元船と太平洋を見渡せる、
宮城県と石巻市を代表する観光スポットとしても親しまれています。

 東日本大震災の影響により長らく休館していましたが、
国内外の多くの支援により、慶長使節出帆400周年の
節目である2013年秋、約2年8か月ぶりに再開館を果たしました。

と、こんなところですが行って良かったです。
伊達政宗の事や支倉常長の事をもっと知りたくなりました。
近くに行ったら絶対行って欲しいオススメスポットです。

サン・ファン館から海岸線を通り女川町へ行きました。
今回で3回目の訪問です。
かなり被害の大きかったところです。
震災直後は瓦礫だらけでしたが、今では
一つの建物を残しなんにも無くなっています。
土地のかさ上げ工事が始まっていてトラックがたくさん往来しています。
私たちは町の高台にある、女川町立病院から町を見下ろしました。
震災時は20メートルの津波が押し寄せこの病院までも浸水しています。
3年半経ってこの風景…
言葉が出ません。

女川を後にして向かったのは気仙沼の美容室あげはさん。
小松さんと山崎さんに会いに行ってきました。
二人は津波で流された店舗を2年ちょっと前に再オープン。
みんなでサロンを見せてもらいました。
サロンに伺うのは2回目ですが、今回感動したことがありました。
サロンの経理整頓が素晴らしい!
自サロンとの違いに衝撃を受けました。
こんな所にいち速くサロンを再興できた
ポイントがあるのかもしれません。
そして二人の笑顔と前向きさに元気をいただきました。

宿泊はサンマリン気仙沼ホテル観洋です。
夕食時にはあげはの二人にも参加してもらい
楽しく、美味しい時間を過ごしました。
刺身にウニの茶碗蒸しにフカヒレetc全部美味しかったです。
食事中あげはの二人が教えてくれたことに
被災地の子供たちの心の問題がありました。
震災から3年半が経ったものの子供たちの心の傷は大きく、
一見普通に見えていても突然泣き出したりすることがあるそうです。
食事の後は温泉に浸かり、みんなで深夜まで語り合いました。

2日目
朝は気仙沼湾の日の出を眺め、朝温泉に入り、
最高に美味しい朝食を頂いた後、気仙沼発祥の
アンカーコーヒーでコーヒーブレイク。
そして訪れた岩手県陸前高田市…
目的は「奇跡の一本松」
陸前高田に訪れるのは4回目です。
あまりにもの景色の違いに愕然としました。
陸前高田の被害の大きさは皆さんもご存知の通りだと思います。
1年半前に訪れた時は瓦礫もなく何も無かったところが、
かさ上げ工事の真っ最中で景色が一変していました。
既に高く積まれた土砂。
山の上から土砂をベルトコンベアで運ぶために
専用の吊り橋まで出来ていました。
大きなベルトコンベアが続く景色は圧巻です。
奇跡の一本松も近くに行って見るには
駐車場から20分ほど歩かなければなりません。
一本松の周りは倒壊した建物がまだ残っています。
かさ上げが終わり家を立てて人が
住めるようになるにはまだ3〜4年かかるそうです。

このあと大船渡にも行く予定が、思いがけず
時間をとってしまったために予定を変更して世界遺産のある平泉に。
平泉といえば中尊寺金色堂です。
ここでは多くは語りません、あっと言う間の3時間でした。
見どころ満載、想像以上の場所でした。行ってみるべし!

夕方平泉から一路仙台へ。
東北道を走ること2時間弱仙台市街に到着です。
ホテルにチエックインし、東北地方随一の歓楽街国分町へ。
大阪で言えば宗右衛門町みたいなところです。
そこで仙台で美容室を経営されている
板橋さん、菅原さん、そして9月に仙台に
サロンをオープンされたばかりの
ヘルプフロムビューティー関東の太田黒さんの
奥さんと娘のエマちゃんと合流。
大田黒さんはその日東京出張で不在でした。
板橋さんの案内で連れて行ってもらったのが食楽道場壱歩さん。
串焼きにサンマの塩焼き牛タン…美味かった。
ウェルカムボードも準備してくれて、
接客もよく、美味しく楽しいお店でした。
一歩さんでは板橋さん、菅原さんから
仙台の美容業界状況を教えてもらいました。
その流れから、オーナーだけで地元人気の
レストランバーに連れていってもらいましたが、
祝日の夜にも関わらず大盛況でした。
仙台の夜の街は活気もあり、景気も良さそうでした。

最終日
仙台の朝は仙台朝市から始まりました。
仙台駅の近くに有る仙台朝市、仙台の台所とも言われています。
海鮮、野菜、果物となんでもあります。
先ずは揚げたてのコロッケをほおばり、
フラッっと覗いた魚屋さんで大変なことになりました。
ホッキ貝が美味しそうだったので見ていたら、
「ここでも食べられるよ!」との言葉。

早速お願いしたら、他のメンバーも集まりだし。
ホタテに牡蠣にぼたん海老までお刺身でいただきました。
朝から贅沢させてもらいました。
他にも美味しそうな海鮮や珍味がいっぱいで、
お土産も購入させてもらいました。
仙台朝市最高です!

朝市から向かったのは仙台城跡です。
言わずと知れた伊達政宗の築城です。
今は建物は無く公園として整備されています。
お土産物屋さんがあって、そこにいたのは伊達武将隊。
伊達政宗や支倉常長の格好をしたおもてなし部隊が出迎えてくれます。
城跡には伊達政宗の像があり、仙台の街が一望できます。

そして仙台といえば牛タンです。
前日教えてもらった国分町の太助へ
昼ごはんを食べに向かいました。
12時前に到着するも既に行列です…待つこと20分。
美味しい牛タン定食をいただきました。

お腹がいっぱいになったところで、
今回の旅の目的でもある太田黒さんのサロン見学へ。
メイン通りから一本入った通りの5階にそのサロンはありました。
太田黒さんは東京から今朝帰ってきてのサロンワークです。
とてもオシャレで落ち着く空間です。
お金かかってます(笑)
お客様がいらしたので皆でおとなしくサロン見学を
させていただきました。これからの活躍が楽しみです。

太田黒さんと別れてから向かったのは
この旅最後の目的地、ニッカウイスキー仙台蒸留所です。
先日、北海道余市の蒸留所に行き感動したので
仙台峡にあるここにも行きたかったのと、
大人の社会見学はみんなが喜ぶと思い行ってみました。
とにかく環境が素晴らしいく、なんとも言えない雰囲気を作っています。
ここを作ったニッカウイスキーの創始者竹鶴政孝の思いが受け継がれています。
ガイドのお姉さんが製造工程を一通り説明してくれた後は試飲です。
「美味い!」
ウイスキーが好きになります!
実はこの工場見学無料なのですが、
最後の売店でみんな大量にお買い物!
しっかり元は取られています(笑)
それから、ウイスキー好きの人にはたまらないのが
ここでしか売っていない限定品があるのです。
これはもう買うしかありません!
帰る頃には数名顔が真っ赤になっていました。
今、NHKの朝ドラで竹鶴政孝の妻のリタの話が
放送されていますが、ぜひ見て欲しいと思います。
一人の男の想いがこれほどまでの事になるなんて、すごいです!

予定ではここから空港に向かうはずでしたが
時間があったので、秋保大滝という
素晴らしい滝も見てきました。箕面の滝といい勝負でした。

ということで全日程を終了し大阪へ帰ってきました。

いかがでしたでしょうか?
東北めっちゃ良いところでしたよ!
皆さんもぜひ東北に旅に行ってください!