concent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセントconcent大阪コンセント


浴衣を着て映画を見よう!ということで


『浴衣でLIGHT UP NIPPON』


イベントをCONCENT主催で開催しました。
会場には暑い中、浴衣を着てたくさんの方に来場していただきました。

この映画は、震災後の東北花火大会を決行させるための
人々の動力、繋がり、温かさを形にしたドキュメンタリー映画です。

第二回目となる上映は、大阪の堀江の真ん中にある萬福寺という
お寺の庭で行われ、日本の趣を感じる石庭に置かれたスクリーンには
一足早く大きな花火があがりました。

本来花火は「鎮魂、追悼、復興」の意を込めてあげられ、

その音と光は笑顔と共に人々の心へ感情となって響きます。
その空間には、夏の風物詩の浴衣、花火ということだけではなく、
日本というモノ、そこにいる私達、今起きている事を、感慨深く
知る時間となり、初めて観た人もそうでない人も皆、感動しました。

辛い事ばかりだけど生きてたら笑える時が来る。

上がった花火の灯りに照らされた顔は涙を
流しながら笑っていました。

今年も8月11日、東北の空には花火が上がります。

今回来れなかった方も、きっと「LIGHT UP NIPPON」を
目に、耳にされることがあると思います。

その時は少し目を耳を傾けてみてください。

素敵な映画を観て、少しでも日本を

明るく照らすことに参加できたことに感謝します。